とび職ってどんなお仕事?

どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。

次に、建物の外周に足場を組みます。

大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体もします。

そして、高い場所にも「鳶職」が一番最初に乗り込み、他職が安全に作業できる為の足場を組んだりもします。

そのため、「鳶職」がいないと工事がはじまらない、大変重宝される仕事となります。

工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張っていくリーダーで尊敬される存在なのです。

新築・改修足場

IMG_2106_R

どんな工事でも、まず、働く人たちの作業が安全にできる設備がなければ、何もできません。

その作業をする仮設設備を”足場”といいます。

足場があって初めて、作業ができるのです。

古沢組では、大型物件、工場、病院、学校、老人ホーム、公共施設、店舗など、あらゆる建物の足場を安全・丁寧に作ります。

図面作成

敷地形状の設定から仮囲い・建枠等の足場割付・単管足場まで部材配置をCADシステムを使用して設計します。

新築の仮設足場から改修工事の仮設足場、解体工事の仮設足場など、足場工事を行なうのに必要な図面を作成します。

IMG_2138_R
IMG_2139_R
IMG_2140_R
IMG_2141_R
IMG_2142_R
IMG_2143_R

解体養生

解体工事現場における危険防止用等で張るシートのことです。

騒音やホコリを防ぎ、近隣の方のご迷惑を最小限にします。

また、取り壊し中の建物の部材等が落下して、隣接している家屋に被害を与えないように保護することも指します。

養生は、工事をするにあたって、とても重要な作業です。

タワークレーン組立

IMG_2018_R

高層建築現場の一番上にそびえ立つタワークレーン。

それは高層化されている今の日本の建築には、絶対不可欠な存在です。最大、吊り上げ能力70tの大型から、1tの小型のクレーンまで、種類は実に様々です。

主に高層建築現場で使用されています。

タワークレーンの組立、解体作業も、鳶の仕事です。

タワークレーン機体は、細かく分割された部材によって構成されており、現場で、組立、クライミング、解体していきます。

機体はデリケートな為、組立解体の順序が細かく決められています。

LSEV組立

LSEVは、ロングスパンエレベーターと言い、高さのある建築物の施工には、どうしても必要となる揚重運搬機械のことです。

ロングスパンエレベーターは、昇降速度10m/min以下で、数名の人員と長尺物の材料の運搬ができ、設置が比較的簡単です。

積載荷重が1t前後の機種が多いです。

設置にあたっては、構造物との納まりや強度を確認し、機械の搬入組立て及び解体搬出方法まで考慮して計画を立案する必要があります。

組立・解体時は高所作業となり危険作業となるため、作業開始前に十分な打合わせが、かかせません。